スポーツ・アウトドアから検索
フィッシングから検索
その他から検索

オーシャンルーラー(Ocean Ruler) アクティブフロートLC

オーシャンルーラー(Ocean Ruler) アクティブフロートLC
優れたキャスタビリティ(遠投性) フロートの空中重量は4.2gで、ガン玉5Bを組み込めば6gになります。強風時もダイレクトに沖目のストラクチャーを狙うことが可能です。アクティブフロートRGと使い分けすることにより、さらに広いフィールドに対応できます。 沈降スピードコントロール自在 ウェイトチェンジシステムにより、市販のスプリットシンカーやガン玉で、沈降スピードを自由にコントロールできます。単体ではフロートタイプとしてリグを沈めずに使え、サーフェイスが狙えます。ガン玉は最大5Bまでを内臓可能に加え、ミッドレンジ〜ボトムまでを探れます。 レンジコントロールが容易 アクティブフロートのシンキングスピードは、シンカー単体よりスローになり、リトリーブ時に一定のレンジをキープさせるのに最適です。 脱着可能なキャスティング用フロート リグストッパーをセットしておけば、ワンタッチで脱着が可能なので、リグの交換が簡単です。 発光体の組み込み可能(チモトホタル適合) 内部には「チモトホタル」が収納可能(チモトホタル重量0.05g)で、魚に強烈なアピールを行います。さらにフロートが水を押し、自らがベイトとなる事で「すり替え」効果を発揮をするため、バイトを誘発します。 フロートリグの利点 フロートリグの最大の特徴は、遠投性です。通常、ジグヘッド等のオモリがついているリグを使用したうえで遠投すると、遠くに飛ばそうとすればするほど、シンカーは重くなり沈むスピードが早くなってしまします。 しかし、フロートリグを使うことで、遠くに飛ばしつつもゆっくりと仕掛けを沈めることができます。また、レンジキープもしやすくなり、効果的なゲーム展開が可能となります。 フアクティブフロートを使う場面 ソルトフライを使用する際に活躍します。本来フライとは虫を模したもので、水中ではルアーのように泳ぎません。そこで、ナチュラルに水中を漂う動きを再現してくれるリグがフロートになります。 視認性もよく、ナイトゲームにももってこいの商品となっております。 ファーサイド攻略にはアクティブフロートRG、さらにその先を狙う際はLCをセレクトすると釣果アップにつながります。 右の動画は実際にアクティブフロートを使用して、メバリングを行った動画になります。 ■オーシャンルーラー(Ocean Ruler) アクティブフロート をもっと探す【注意】掲載中の商品は全ての在庫があるわけではございません。メーカー取り寄せ商品もあります。場合によってはお届けできない事もあります。