スポーツ・アウトドアから検索
フィッシングから検索
リールから検索

ダイワ 19アオリマチック BR LT3000D(リアドラグ)

ダイワ 19アオリマチック BR LT3000D(リアドラグ)
アオリマチック BR マグシールド搭載!クラスを超えた充実スペックBRリール ■LTコンセプト LC-ABS、タフデジギア搭載 ■マグシールド搭載 ■アオリクラッチ搭載(マニュアルリターン) アオリイカに違和感なくアジを抱かせることが必要なヤエン釣法に不可欠な機構 ※フロント/リアに2種類の独立したドラグ機構を備えたリールにおいて、フロント/リアドラグの切り替えを行うためのクラッチ ■スプールフリー調整ダイヤル クリックは繊細さとシルキーさを兼ね備え、微調整が可能 ■エアローター搭載 ※BR=BITE&RUN LTコンセプト BRリール待望のLTコンセプト ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、それがLTコンセプト アオリクラッチレバー搭載(マニュアルリターン仕様) アオリクラッチがマニュアルリターンになることで、アングラーの意思通りにリアドラグを活用できる。 マニュアルであることにより、クラッチフリーのままリアドラグのテンションだけでハンドルで巻き上げができる。 こうすることで、クラッチフリーでアジを泳がせている時のラインテンションを、クラッチオンにすることなくコントロールでき、また、イカへの影響を最小限に保ったまま巻上を開始することも可能になる。 また、置き竿の際、竿を動かしてしまうなどの不意のハンドル回転によりクラッチが戻らないのもマニュアルリターンのメリット。 アオリクラッチON レバーを上げた状態 フロントドラグが機能する状態。アオリイカとのやり取り時に使用する。 アオリクラッチFREE レバーを下げた状態 リアドラグ(スプールフリー調整ダイヤル)が機能する状態。アジを泳がせてアタリを待つ時に使用する。 アオリクラッチシステムの使い方 1.投入 アオリクラッチをオン(フロントドラグが機能する状態)にした状態で投入します。 アオリイカとのやり取りを想定してフロントドラグをお好みで調整し、活きアジを付けた仕掛けを投入します。 2.アタリ待ち キャスト後、ベールを戻して道糸を張り、ロッドを竿掛けにセットしてアオリクラッチをオフにします。 アオリクラッチオフ時は、スプールはフリー(引っ張れば糸が出ていく状態)となり、リアドラグ(スプールフリー調整ダイヤル)が機能する状態となります。 スプールフリーの程度(テンション)はリアドラグで風や潮の流れにあわせて調整してください。 通常は可能な限り緩めた状態でセットしてアジを泳がせ、アオリイカのアタリを待ちます。 3.アタリ&アワセ アオリイカがアジを抱いて走ると糸が引き出されてスプールが逆転し、アタリクリックが「ジー」と鳴ります。 アオリクラッチはマニュアルリターンのため、アワセに移る際は手動でアオリクラッチをオンにすることが必要になります。 4.取り込み ドラグを調整しながらイカを引き寄せ、ヤエンを投入してイカを掛け、取り込みます。 ■午後2時までのご注文は、その日のうちに出荷します (ただし、火曜日は定休日で出荷無し。日曜・祝日は午前9時までのご注文に限ります) ■巻り長(cm/ハンドル1回転):77cm ■ギヤ比:5.2 ■自重:280g ■最大ドラグ力:12Kg ■標準糸き量(ナイロン 号-m):4-150 ■標準巻糸量(PE号-m):1.5-300 ■ベアリング(ボール/ローラー):5/1 ■ハンドル長さ(mm):55 ■ハンドルノブ(Sノブ):ハイグリップT 交通事情により、必ずしもこの通りにならない場合もございますが、ご了承お願いします 掲載商品につきましては、一部店頭在庫(実店舗)と共有している商品もございます。 「在庫有り」の表示があっても、ご注文後に欠品が発生する場合がございます。 完売や欠品の節は誠にご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承下さい。 ■別のリールを見る ■Fみちばた楽天市場店のトップページへ戻る アオリマチック BRに使われているその他のダイワテクノロジー ■マグシールド 磁性オイルが海水の浸入をブロックし、滑らかな回転が長時間持続する 「磁力で固められた流れ落ちない強力グリスで、回転軸とボディの隙間を塞いでいる」と考えると、その仕組みを理解しやすい ■AIR ROTOR(エアローター) ローター革命とも言うべき独特の形状を持つエアローター。 独特の最適リム形状により負荷が分散することで、同等の強度で大幅な軽量化を実現。 ローターの軽量化は自重の軽減につながるだけではなく、回転レスポンスが向上することにより、リール自体の『巻き感度』にも寄与。 新軽量エアローターの採用は、エキスパートも唸らせる、クラスを越えたレスポンスの高い回転性能を実現した ■ATD(AUTOMATIC DRAG SYSTEM) 魚の引きに滑らかに追従しながら効き続ける新世代のドラグシステム。 従来よりも滑り出しがスムーズなためラインブレイクしにくく、魚に違和感を与えにくいため無駄に暴れさせることが少ない。 また作動感に独特の粘りがあって低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中のドラグ再調整の頻度が減ってファイトに集中できる ■TWIST BUSTER_II[ツイストバスターII] ラインローラーにテーパーをかけて、ラインをころがすことにより、ローター回転で発生する糸ヨレを相殺。 スピニングリールの宿命といわれた糸ヨレを大幅に解消した。ライントラブルを激減させ、快適な釣りを実現する。 ■タフデジギア 過酷な環境に耐え抜く、強靭な心臓部が不可欠。滑らかな回転がより長く続く「タフデジギア」